2013年07月 月間アーカイブ

こんにちは(゜▽^*)
夏休みに突入です!! (*`艸´)ウシシシ

わたしのボランティア活動も夏休み♪~で、充電期間です。

今回は、夏休みだからこそ、親子で読めて楽しめる絵本をご紹介!!!!!
テレビでもおなじみの「はなかっぱ」の作者、あきやまただし先生が金の星社より出版している変身シリーズ!現在最新版も合せ、12冊あります。ご存知でしたか?もっと続くかも(||゜Д゜)ひぃぃぃ
この絵本は中学年以下対象に読み聞かせしてますが、低学年の喰いつき方は読んでる私でも楽しいです。

何はともあれ、何冊か内容をご紹介!

 

 
第1作目の「へんしんトンネル」
このトンネルをくぐると、なぜかいろんなものが変身してしまうのです!
かっぱが、
「かっぱかっぱかっぱかっぱ・・・」
とつぶやきながらトンネルをくぐると、
「ぱかっぱかっぱかっぱかっ・・・」
元気な馬になって出てきちゃいました。
(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

 

またあるとき、時計が、
「とけいとけいとけいとけい・・・」
とつぶやきながらトンネルをくぐると、
「けいとけいとけいとけいと・・・」
毛糸に変身です。
(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

 

さてさて、次は何が何に変身するのでしょうか?

絶対はまること間違いなしのたのしい絵本です!
ですが、もちろんむずかしさもあります。言葉がうまくつながらないと失敗してしまいますが、読み聞かせでは愛嬌です。子どもたちもいっしょに声を出し、くりかえします。読み聞かせが終わり、部屋を出て行く時、耳を澄ますと、子どもたちがまだ繰り返しています。読む側としては嬉しい次第です。

 

 

ほかにもおすすめは「へんしんトイレ」です。
へんしんするトイレがあります…からはじまります。

オオカミがトイレに入ったら…何にへんしんして出てくるかは、読んでください!!

今、話してしまったら、楽しさ半減してしまいます。
子どもは「トイレ」「おしり」「おなら」「うんち」が絵本にあると喜びます。
朝からですが、笑ってくれる子どもたちのために、調子にのって読んでしまいます。

 

 

 

 

 

 


ほかにも探すとへんしんシリーズがたくさんあります。

 

 

 

あきやまただし先生の絵本は何とも可愛らしく楽しいです。
シリーズもいろいろありおすすめです。(ノ≧?≦)

ことしの夏休みは暑さを吹き飛ばすぐらい声を出し、笑っていただきたいです
(〃^∇^)o彡☆あははははっ

 




②『くもりのちはれ せんたくかあちゃん』
 一作目『せんたくかあちゃん』の続編です。
 洗濯の、大の大の大好きなかあちゃんがいました。今日もたくさん洗濯をして、洗濯物を干そうとすると、なんと空はくもっています。そこでかあちゃんは大凧を揚げて、そこに洗濯物を次々と干していきます。延々と続く洗濯物の列は、やがて雲の上ににょきっと飛び出し、かみなりさんたちもびっくり。 ですが洗濯物が風にたなびくのを見て、気持ちよさそうだと感じたかみなりさんたち。みんなで地上に降りてきて、「干してくれえ」とかあちゃんに頼みます。「まかしときい」と引き受けたかあちゃん。てきぱきとかみなりさんたちを洗濯し、干していきます。気持ちよく干されていたかみなりさんたちですが、ちょっと乾きすぎてしまい、大変なことに。

手に取らずにはいられなくなりました?つづきは本屋で…(^⌒^*)



御無沙汰でした(|| ゜Д゜)
変わらず読み聞かせのボランティアはしておりました。
紹介したい絵本が山ほど、そして読み聞かせる絵本も増え、
多忙にてすっかり更新ができず…"(/へ\*)"))

本日復っ活!! 〃○(≧ω≦●)oo(●≧ω≦)○〃

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃…明けた?明けない?微妙ないばらき…

ここで紹介したい絵本が次の2冊!
福音館書店より出版されている、さとうわきこ先生作・絵の
『せんたくかあちゃん』と『くもりのちはれ せんたくかあちゃん』です

①『せんたくかあちゃん』のあらすじ…
 タイトル通り、主役のせんたくかあちゃんは、洗濯が大の大の大好き。
良い天気の今日も、家中のものをあっという間に洗い終えると、子どもたちに洗うものを探してくるように指示します。昨日洗ったばかりのものはもちろん、目につく者・物は何でもです。
みんな、「またか」とばかりに「洗われるのはいやだよー」と逃げていきますが、そこはせんたくかあちゃんの鶴の一声「とまれ!」で動けなくなり-あっという間に洗われてしまいます。
 何でも洗うものだから干す場所もなくなり、しまいには林の中の木々に紐を張り巡らせる始末。せんたくかあちゃんが洗ってしまうものは、絵本を見て笑っていただくしかないです!このページは、読み聞かせを一端とめて説明です。子どもたちも、
「あ~!○○も干してある!」「△△も!」てな具合にあれもこれもで大笑い間違いなし。
 さて、場面は変わり、お天気が一変くもり空に、そしてゴロゴロという音と共に空から降ってきた、薄汚いかみなりさま。
干してあるもののたくさんのへそを取りに来たのに、逆にせんたくかあちゃんに捕まって、洗われてしまうのです!
 せんたくかあちゃんゴシゴシゴシゴシ力いっぱい洗うから目も口も鼻も取れてしまったかみなりさま。そして泣き泣き「何とかしてくれ」とすがり、せんたくかあちゃんがひとこと「まかしときいっ!!」
子どもたちはカッコイイ顔を描いてあげます。
 かっこよくなったかみなりさま、気分よくおへそを取らずに帰ります。
その後にもまた面白い展開があります!
洗濯が苦手な私でも青空を見ると洗濯したくなるそんな絵本です。