環境印刷

環境対応型CTP

弊社のオフセット印刷では、CTP(Computer To Plate)という製版機を用い、コンピューターからダイレクトに印刷版を作成しています。このシステムは、製版作業時にゴミの混入が減り、高品質であるというメリットもあります。弊社では、現像液が不要であるAGFA社の「ACENTO ⅡS」という刷版機を導入しており、現像機稼動によるCO2排出量削減に加え、廃棄薬液を一切出さない、環境に優しい刷版生成システムになっております。

ノンアルコール印刷

ノンアルコール印刷とは、印刷工程で使われる湿し水に、IPA(イソプロピルアルコール)を使用しない印刷のことを指します。弊社の最新機械では、メンテナンスや湿し水の管理を徹底して行っており、安全で環境に優しい湿し水を使った、ノンアルコール印刷を可能にしています。

環境対応型インキ

弊社でご注文いただいた印刷物は、環境に優しい「ソイインキ」「植物油インキ」で印刷されています。(特別対応を除く)。大豆油を成分として利用したインキは、以下の様な特性を持っています。
【技術的特長】
 • 鮮やかな発色
 • 擦り落ち耐性の向上
 • インキの使用量の低減
【環境的特長】
 • 揮発性有機化合物(VOC)の発生の低減
 • インキと紙を分離させやすいため印刷物を再生する際にリサイクルしやすい
 • 主成分が大豆から生成されるため、石油などの化石燃料系の資源の使用量を抑えることができる

再生紙使用印刷の促進

弊社では、お客様とご相談しながら、ご希望に応じ積極的に再生紙を使用することに努めております。

刷版のリサイクル

弊社ではアルミニウム製の刷版(CTPプレート)を使用しています。作成された刷版は使用後、100%リサイクル資源として再生利用されています。

断裁クズのリサイクル

弊社では製造過程で出る断裁クズを回収業者へ引き渡し、紙へのリサイクルがより促進されるように努めています。